ごあいさつ
                                校長 松尾功子  

                               

台中日本人学校のホームページにようこそお越しくださいました。


新しい生命燃え育つ 台中の空に光あふれ

灼熱の太陽 身に浴びて 友よ手をとり いざきたえん

大きな愛につつまれて 希望は高く夢清く

世界の平和をめざしつつ 異国の友と手をつなぎ

みんなの学校 台中校


1977年、進化発展する町・優しい人々が集う活気あふれる町・台中に、日本人学校が創立されました。当時は、台北日本人学校台中分校としての開校でしたが、以降の児童生徒数の増加により、1980年独立校の台中日本人学校となり、現在に至っています。


その歴史のなかでは、1999年の台湾中部大地震による校舎損壊、授業中断の危機がありました。しかし、日本人会の皆さまのご尽力と、李登輝元総統閣下の日本人学校に対する御心遣いを賜り、多くの台湾の方々のご支援をいただいて、悠久の地ここ秀山里に新しい校舎が建てられました。


 この場所は、工業団地として日々開発が進んでいますが、朝は鳥のさえずりに迎えられ、周囲に田んぼの緑が美しい、自然豊かなところです。


その中に、芝の広い運動場と大きな体育館、全天候型プール、アスレチック等を備える大変恵まれた環境にあるのが、台中日本人学校です。


 子どもたちは、校歌の言葉どおり、台中の輝く太陽の下で多くの友達と友情を深め、磨き合い、助け合って生活をしています。




教育目標


生きる力と国際性を身につけた心身ともに健全な子どもの育成


校門を入ったところに、大きな大王やしが孤高に空に向かって立ち、毎朝・毎夕子どもたちを見守ってくれています。本校のマスコットキャラクター「やしまる」となって、子どもたちにも親しまれています。


さしく・んけんに・まるい心で」が、台中校の子どもたちのめざす姿です。


「あいさつ世界一」の合い言葉を継続しながら、児童生徒、保護者、教職員、学校運営委員会、日本人会が一丸となり、輝く台中校づくりに邁進してまいります。


みなさまのご来校を心から歓迎いたします。